FISH UP 秋川湖

湖内の魚種

レインボートラウトをメインとし、エリアフィッシングでは初となる奥多摩やまめ(3倍体)やイワナなど水温に応じて各種放流します。
※完全キャッチ&リリースとなります。魚をお持ち帰りすることはできません。

レインボートラウトRainbow trout
体にあらわれる虹色の斑紋から、日本ではニジマスと呼ばれるサケ科の魚です。メインのゲームフィッシュとして小型から50センチを超える大型まで放流され、非常に強い引きでアングラーを楽しませてくれます。
奥多摩やまめCherry trout
エリアフィッシング初導入となる稀少な奥多摩やまめ。東京都奥多摩町で生産されています。体長が50センチを超えることもあり、大型の奥多摩やまめは桜色の婚姻色が濃くあらわれ、非常に美しい姿を見せてくれます。釣るのは難しくなかなか出会えませんが、釣ったときは是非教えてくださいね。
イワナChar
主に河川の最上流部に棲む渓流魚で警戒心が強く、名前のとおり岩陰などの暗所に身を潜めている事が多いです。食性は極めて貪欲。昆虫をはじめ、時にはネズミなどの大きな生物を捕食することもあり、獲物を見つけると物陰から飛び出すように襲い掛かります。
ブラウントラウトBrown trout
茶色の体に黒と朱色の斑点が特徴的なヨーロッパ原産のサケ科の魚です。大型になるにつれて魚食性が強くなり、小魚を追い回す獰猛性を発揮しますがその反面、神経質で釣り難い一面もあります。特にミノーに対して強い反応を見せます。

水温により魚種は変更していきます。詳細は放流情報をご確認ください。

最新の放流・釣果情報はこちら

Caution!
PAGE TOP